古紙回収・リサイクルのトップを走る株式会社宮崎

持続可能な社会に向けて・・・
(株)宮崎は地球環境の保全に継続的に取り組む

◆地球環境保全とSDGs
2015年の国連総会において、持続可能な世界を実現するための17の目標と169の実施手段から構成される「持続可能な開発目標(SDGs)」が193の加盟国の全会一致で採択されました。これは現在の国際社会共通の目標とされています。社会的な重要課題である気候変動や資源枯渇、環境汚染、生物多様性等の問題。これらの解決に株式会社宮崎は、地域の皆様と共に SDGsの達成を通じて、積極的に、そしてグローバルに取り組んでまいりたいと考えます。

2021年3月吉日
株式会社宮崎 代表取締役会長 梅田愼也
代表取締役社長 梅田慎吾


SDGsの達成に向けた取組み


環境対策

環境保全への取り組みを最重要課題と捉え、 地球環境の保全並びに環境負荷の低減、環境汚染の予防に寄与して参ります。
《具体的な取組み》
環境関連法規の遵守、名古屋市エコ事業所認定制度の認定取得

社会貢献活動

現代社会に欠かせない環境保全の活動を 資源リサイクルに関わる企業として、 地域の皆様と協力して取り組んで参ります。
《具体的な取組み》
古紙回収のU-BOX設置によるリサイクル網の拡充

「捨てる」から「蘇らせる」へ

“すべては資源になる”という考えのもと、あらゆる素材を 再生資源として回収し、適切な処理を行っていく事で、 循環型社会の構築を目指して参ります。
《具体的な取組み》
古紙商品化適格事業所認定(E-01-063-09)

SDGs活動報告

古紙回収リサイクルボックス『U-BOX』の全国展開
(2021年 4 月 1 日掲載)
豊かな自然環境を未来につなげていくため、古紙のリサイクルボックス『U-BOX』を全国に展開し、地域における紙資源の有効活用をサポートさせていただきます。
そして森林減少を阻止するなど、自然環境保全を意識したライフスタイルを推奨いたします。
→U-BOX導入については「今こそリサイクルボックス!導入効果と設置の手順」